株式会社 ハイヤーング

ゴム加工・ゴム成形。工業用・産業用ゴムパッキン、合成ゴム・天然ゴム・シリコンゴム・ウレタンゴム・フッ素ゴム製品など販売。

営業品目

工業用ゴム・
産業用ゴム製品の販売
ゴム加工・ゴム成形

各種ゴムパッキン
◆合成ゴム
◆天然ゴム
◆シリコンゴム
◆ウレタンゴム
◆フッ素ゴムなど

各種スポンジパッキン
樹脂
押出し品
成形品
ロール研磨
その他、ゴム製品

 

お問い合わせ

 

HOME»  こんな経験....??

こんな経験....??

 

こんな経験ありませんか?

シリコン70°加工  

:ゴムパッキンの交換時期:

 

ゴムパッキンを外して機械のメンテナンス行ったときに、メンテナンスをしたにも関わらず、ゴムパッキン部分から水漏れ等の不具合が発生した事がないですか?原因のひとつとして、ゴムパッキンにボルト等の締め付け痕等などついた物を再度使用しているのが原因にあげられます。締め付け痕などついたゴムパッキンを取り外す前とまったく同じに取り付けるには無理があるからです。それらが原因でゴムパッキンに隙間が出来、不具合が発生してきます。ボルトの締め付けを強くするば一時的に症状が収まる場合もありますがゴムパッキン本来の機能は低下します。ゴムパッキンの場合、鉄とは違いボルトの締め付けに関しては、ゴムパッキンが引きちぎれるまで締まってしまいます。

 

:一度取り外したゴムパッキンは状態にもよりますが新し物に取り換えることをお勧めします:

 

ゴム・スポンジロール

ネオプレンスポンジロール  

*写真の製品は、鉄芯にCRスポンジを巻き外径研磨した製品です。


こういった製品でよく聞かれることですが、鉄芯はそのまま使用し、古くなったゴム・スポンジのみを張り替えが出来る?といった事を問い合わせ頂くことが事がよくあります。


基本的に張り替えは出来ます。材質を変えて張り替えることも可能です。


鉄芯が長尺・外径の大きい物・ゴムロールの部分に外径研磨以外の加工があるなど特殊、特異な場合もあるので一概にどんな製品も張り替えれるとは限りません。